背中ニキビの原因

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

背中ニキビの原因とは一体何なのでしょうか。美しいボディラインの妨げになる背中ニキビ。それだけならまだしも、痛みや痒みなど、不愉快な感覚も付いて回る悩みのタネ。どのようなことに気をつけて対策を立てるべきなのでしょうか。

ニキビ人間の体にできるニキビの原因は、主にホルモンバランスの異常や過剰な皮脂分泌、それに細菌の原因などと言われています。体の部位の中でも特に洗いにくい場所である背中は、汚れや脂、細菌などが増殖しやすい傾向にあるためニキビが発生しやすい環境にあるのです。初期段階のニキビでも炎症を伴いませんが、炎症が起こり、膿や赤みを帯びた発疹などが出始めると痒みなどが症状として表れます。

このような症状が起こる前に事前に予防しておきたいのは、第一に清潔な状態を保つことを心がけることです。夏場や運動後など、汗をかいたと感じた日は朝と夜の2回に分けてシャワーを浴びると効果的です。しかし、肌乾燥の恐れがあるため、石鹸やボディーソープを使って身体を洗うのは1日1回にしておきましょう。入浴後にはニキビ対策スキンケアでもある保湿をしっかりと行うようにしてあげましょう。

普段何気なく暮らしていると、ついうっかり洗い残しをしてしまう背中。その洗い残しが背中ニキビの原因になるということを念頭に置いておけば事前に予防することができます。


関連記事